Select language:
  • EN
  • US
  • DE
  • CH

GATEMANAGER サーバー

IoT M2Mサーバー

GateManager™ M2M サーバーは、Secomea のソリューションの中 心となるコンポーネントです。多くの場合、Secomea もしくは当社 代理店がホストするサービスとして提供されますが、企業が直接 GateManager サーバーをホストすることも可能です。ウェブベースの GateManager Portal 上で、アカウントの管理、SiteManager および デバイスの管理などが行えます。

GateManager は、すべての LinkManager および SiteManager の安 全な終端ポイントとなります。SiteManager がコントロールするデバ イスと LinkManager 間の接続および暗号化されたトラフィックは、 すべてGateManager を経由します。GateManager はすべて のイベントを記録します。

ソリューションの中心

説明書をダウンロード

GATEMANAGER PORTAL の機能:

  • ドラッグアンドドロップでLogTunnelを設定
  • すべてのユーザアカウントを管理
  • SiteManagerを個別/一括設定
  • 自動バックアップによりSiteManagerを代替
  • アカウントおよびデバイスをドメインで管理
  • SiteManagerを個別/一括アップグレード
  • SiteManagerのファームウェアを一括アップグレード
  • 特定のデバイスへのアクセスを管理
  • イベントアラートを設定
  • イベントログをモニタリング
  • 詳細なUsage Statistics(使用状況データ)を分析
  • すべてのアクティビティを追跡するために、監査ログの表示

 

 

GATEMANAGER クラウドサーバー

 

GateManager クラウドサーバーを使えば、独自にサーバー をセ ットアップする必要がなく、ユーザーは簡単にウェブアクセスが可能になります。GateManager クラウドサーバー を選択した場合、ユーザーは GateManager M2M サーバー 上に独立したプライベー トドメインを取得します。

 

GATEMANAGER ソリューション

GateManager の要件は、ディスク容量 32 GB 、メモリ 1〜2 GB 、最小帯域幅 128KB/sです。固定パブリック IP アドレスおよび GateManager へのポート転送を設定すれば、 すぐにでも自社用 GateManagerをお使いいただけます。

GateManager 8250 Linux サーバー

GateManager 8250 は、貴社の Linux プラットフォームに独立型サーバー、もしくはホスティングセンタ ーの仮想専用サーバー(VPS)としてインストールすることができます。

Amazonクラウドサーバー用 GateManager (AWS)

Amazon Web Services(AWS)により、クラウドサーバーの地域をご自由にお選びいただけま す。Amazon は、世界有数の VPS プロバイ ダです。

自社用 GateManager モデル比較表8250AWS
ハードウェア・タイプ
Linux OS用ソフトウェア・タイプ YesYes
仮想イメージ・タイプ(HyperV、ESXI、VMWare)
GateManager ホスト上のメール・クライアント対応 YesYes
外部メール・リレー・サーバー対応
USB メモリーへの自動バックアップ
FTPサーバーへのバックアップ対応 YesYes
SMB (ファイルシェア)へのバックアップ対応 Yes
ローカルモデム経由のSMS対応
外部SMSゲートウェイ経由のSMS対応 YesYes
LogTunnel/Usage Statistics (利用データ)モジュール(オプション) YesYes
クラウドサーバーの利用に適合 YesYes

引用を要求





推奨事項
すべて読む
“Having easy and instant access to control systems as if we were on the boat has made a huge difference to the way we work."

- Gifford Hooper, Design Director
アライアンスパートナー
すべてのパートナーを見る
Call us
国際販売代理店

- Read more here -