Select language:
  • en
  • us
  • de
  • zh-hans

Secomea のソリューション VS ダイアルアップ・モデム

ダイアルアップ・モデムの利点を、どのように取り入れるか

ダイアルアップ・モデムは何十年もの間、便利に利用されてきました。多くのインターネットベースのソリューションが、ダイアルアップ・モデムの明らかな欠点を回避しようと試みましたが、それと引き換えに利点も失ってしまうことになりました。

Secomea のソリューションは、ダイアルアップ・モデム・ソリューションのワークフローを念頭に設計されています。ダイアルアップ・モデムと同じくらいわかりやすいだけでなく、展開や管理が格段に簡単で、安全面の配慮も行き届いたソリューションを目指しました。

1. 速度の改善

― 言うまでもなく、ダイアルアップ接続には、従来のアナログ回線の速度という弱点がありました。新型の機械はサイズの大きい PLC/HMI プログラムを必要とするため、送信時間は極めて重要です。

― どのリモート・マネジメント・ソリューションにおいても、インターネットをキャリアとして利用することは当然の選択です。

 

2. 既存のインターネット・インフラの再利用

― ダイアルアップ・モデム・ソリューションにおいては、当然ながら、サービス・エンジニアと工場の双方に電話回線が必要でした。アナログの電話回線を新規に開設するにはコストがかかり、設置可能な場合でも、発注から開設まで何週間もかかることが珍しくありませんでした。また多くの場合、ダイアルアップ料金も分単位でかかりました。

― Secomea のソリューションは、既存の IT インフラをサービス・エンジニアと SiteManager の双方で利用することができます。SiteManager は、企業ネットワークのファイアウォールを通って接続をしながら、企業ネットワークと産業機器をホストするテクニカル・ネットワークを完全に分離することができます。テクニカル・ネットワーク上のすべての機器に完全なアクセス権を持つ LinkManager のユーザーであっても、企業ネットワークにアクセスすることはできません。SiteManager ではオプションで、2G/3G/4G モジュールによる別個のインターネット接続も可能です。

 

3. ”電話帳”(フォンブック)の自動化

― ダイアルアップ・ソリューションは、概念がわかりやすく、管理も簡単です。各工場にはそれぞれ公共の電話番号がありました。多くの場合、ダイアルアップ番号とパスワードを記載したエクセルシートがあり、それをサービス・エンジニアに配布していました。しかし、新しい場所にソリューションを拡大するたびに、電話帳を更新しなければなりません。また通常、各サービスエンジニアがアクセスする先がほんの数ヶ所である場合でも、すべてのエンジニアに電話帳の全ページを配布していました。

― Secomea のソリューションは、お客様の工場や機器のグループを LinkManager アカウントと関連づけることにより、”電話帳”を一元的に管理しています。サービス・エンジニアが LinkManager から接続する際、表示されるのはアドミニストレータが設定した情報のみです。アドミニストレータが新規デバイスや工場をアカウントと関連づければ、LinkManager ユーザーはすぐに接続が可能となります。また、LinkManager へのログインを、証明書とパスワードによる 2要素認証とすることにより、ユーザーが中央から認められているリモート機器へアクセスする際にはパスワードが不要となっています。

 

4. 複数の同時アクセス

― ダイアルアップ・モデムでは、同時に回線を利用するユーザー数が限られていました。通常、誰かがオンライン状態の時に別のユーザーが接続を試みても、回線は話し中となっていました。各モデムが機械の特定サービス専用となっていれば問題ありませんが、複数のサービスのエントリーポイントとなっている場合には不都合が生じます。

― SiteManager では、複数のユーザーが同じ機器の複数のサービスにアクセスすることが可能です(http、リモート・デスクトップ、PLC プログラミング、HMI プログラミング、SCADA システム、telnet、 ftp など)。また、SiteManager は複数の機械への同時アクセスにも対応しています。さらに、Secomea のアカウント管理では、同一の機械上で、あるLinkManager ユーザーには特定のサービス (httpなど)のみにアクセス可能とし、別のユーザーには別のサービス(PLC プログラミング・ポートなど)のみにアクセスできるよう設定しています。

 

5. 退職した従業員のアクセス権限取り消し

― ダイアルアップでは、サービス・エンジニアが退職したあとの安全性が問題となっていました。元従業員は電話番号とパスワードを知っているため、会社に恨みをもつ者が悪用する可能性がありました。

― Secomea ソリューションのユーザーが会社を辞めると、アドミニストレータは関連するアカウントとユーザー証明書を無効化します。また1日や1週間といった、期限付きの証明書を発行することも可能です。

推奨事項
すべて読む
Through the SiteManager Glenn Lett monitors, controls and, if necessary, reprograms the installation for 24/7 power supply.
アライアンスパートナー
すべてのパートナーを見る
Call us
国際販売代理店

- Read more here -